・CC、BCCとは
CCはカーボンコピーの略で、TOで送ったメールと同じものをCCの宛先にも送れます。
TO、CCで送られた人同士はTO、CCの宛先が見れます。
「飲み会します」のような、誰に送ったかを共有すると便利なときに使うことが多いです。

BCCはブラックカーボンコピーの略で、TOで送ったメールと同じものを送るまではCCと同じですが、BCCの宛先はTOやCCで送った他の送り先の人には見えません。
「連絡先が変更になりました」のような、複数に送りつつも送った相手同士がお互いの宛先を見えないようにするときに使うことが多いです。

個人情報漏えいにつながる恐れもあるので、使い分けを覚えておくといいと思います。

・拡張子とは
添付されたファイル名の最後に「.jpg」のようなアルファベットがついていることがありますが、これはファイルの種類を識別するものです。
MacOSからウィンドウズに送られたメールや、拡張子を指定せずに送信すると拡張子が「.dat」になりそのままだと開けないことがあるようです。
この場合、拡張子を変更するか、送信者側にファイル名に拡張子をつけて再送信してもらう必要があるようです。

・スパムメールとは
迷惑メールが大量にくることがあります。
SNSで業者と呼ばれる悪質利用者の「クリックしてください」や、知恵袋の「詳しい回答はここをクリック」のようなワンクリック詐欺のようなところからメールアドレスが漏れるのが原因です。

対策は、パソコンからのメールを受信拒否にし必要なメールだけ@マーク以下を受信許可します。

・圧縮、解凍とは
メールに添付できるサイズには限界があり、ネットワークのシステムなどで容量が決まっています。セキュリティ上わざと容量を小さく設定しているシステムもあるようです。
大きなサイズの送受信には圧縮、解凍という方法が必要になります。
圧縮、解凍用のプログラムをダウンロードしてください。

・IMAPとPOP
IMAPはメールサーバにメールがある方式です。
複数の場所、人で同じメールを利用するのに便利です。

POPはパソコンにメールがある方式です。
サーバに負担をかけず、早くメールを読むのに便利です。